2015年度受賞作品

テーマ:「ふりかえる音 ふりむく表情」
~見たくなる独特の「音」づかい 団体らしい表情の入った映像~

【グランプリ】
SHANTI SHANTI『家を"あたりまえ"に』

【審査委員賞】
ハンセン病問題支援学生NGO橋‐QIAO-『笑顔を知って』

2014年度受賞作品

テーマ:「最高に○○な瞬間」
「活動背景が分かる」「参加したくなる」という2つの条件をみたす映像

【グランプリ・審査委員賞】
SHANTI SHANTI (青山学院大学国際ボランティア愛好会)『人生を築く』

2013年度受賞作品

テーマ:「この映像で、社会をゆるがせ。」
~活動の背景(社会問題)を表現し、かつ見た人が参加したくなるような映像~

【グランプリ】
ラオス学校建設教育支援プロジェクト~スーン~『世界の0.01%のあなたへ』

【審査委員賞】
コミュニティエイズプロジェクト(CAP)『だから私は福島に行く』

2012年度受賞作品

テーマ:自分たちの活動で「望む未来の形を表現した」映像

【グランプリ】
ハンセン病問題支援学生NGO橋-Qiao-『つながりが人を変える』

【審査委員賞】
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター気仙沼チーム『何十年たってもできる、ボランティア』

2011年度受賞作品

テーマ:「発信せよ、ボランティア」
~団体の活動内容ややりがいを周りの人に伝える30秒の団体PR映像~

【グランプリ】
Shanti Shanti『HOUSEからHOMEへ』

【審査委員賞】
SCOP『ゴミ拾いはおもしろい』

2010年度受賞作品

テーマ:「ボランティアをやったことのない人にやってみようと思わせる」
「一緒に活動をやってみようと思わせる」映像

【グランプリ】
アジアワークキャンプネットワーク"DAWN"『これがワークキャンプ』

【審査委員賞】
早稲田大学 Re:Bit『共に生きる』